テラスの増築・後付けの予算目安は?素材別の予算を紹介します

ブログ

テラスの増築・後付けの予算目安は?素材別の予算を紹介します

外構工事の中で人気なものの一つがテラスです。
お家を建てた時はいらないと思っていたけど、欲しくなった。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
テラスに椅子とテーブルをおいて外でご飯を食べたり、お茶をしたり、あるいはご家族やご友人とバーベキューをしたりとテラスがある生活は憧れますよね。
しかし気になるのがテラスを増築するときの費用。
今回はテラスを増築するときにかかる費用、予算の目安、そしてテラスを設置する際の注意点をご紹介します。

テラスを増築する際の費用

テラスを増築する場合の費用は、主流のテラスの場合、10平方メートルあたり、約10万円から40万程度です。
なぜこんなに差があるのかというと、テラスの種類や土台の有無によって変わってくるからです。
また、ウッドデッキなどを選び、その下に土間コンクリートなどを打つ場合、テラスの上に屋根を設置する場合など、追加で費用がかかります。

ウッドデッキ(天然木材の場合)

天然の木材で作られたウッドデッキの場合、費用は約30万から40万円程度になります。
天然の木材の中でも種類があり、木の種類はもちろんですが、天然木材の中でもソフトウッド、ハードウッドとカテゴリーが分かれており、ウッドデッキにはハードウッドがおすすめです。しかし、その分費用は高くなる傾向にあります。

ウッドデッキ(人工木材の場合)

人工木材で作られたウッドデッキの場合、約25万から30万円程度になります。
人工木材の方が天然木材よりも少し安くなっています。
人工木材の方が、施工に合わせて作られているのでおすすめです。

土間コンクリート(ウッドデッキ用)

ウッドデッキの下に土間コンクリートを打つのがおすすめです。
土間コンクリートがあることで、ウッドデッキが重さに耐えられずに割れてしまうなどを防いで長く使えるようにしてくれたり、雑草が間から生えてくるといった雑草の被害に遭うことを防いでくれます。
費用は約20万〜50万円程度になります。

タイルデッキ(土台あり)

タイルデッキはすでに土台がある場合は約10万から15万円程度です。
比較的リーズナブルな値段で設置することができます。
しかし、土台の状態によって値段が変動するので、注意が必要です。

タイルデッキ(土台なし)

土台がなく、土台からつくり、タイルデッキを設置するとなると、約30万から40万円程度かかります。
土台の分が加算された費用になります。

テラスに屋根も設置したい場合の費用

夏は日差しが気になる、小雨程度なら雨の日でも使いたい、雪が降る地域だから雪除けが欲しいという場合は屋根を設置するのがおすすめです。
屋根を設置した場合の費用は約12万から25万円です。

屋根にも種類があり、耐久性の高いものやUVカットの効果があるものなどを選ぶと費用が高くなります。

テラスを増築する際の注意点

テラスを増築する際にはいくつか気をつけなければならないことがあります。

テラスの種類

テラスの種類を選ぶ際も注意が必要です。
テラスは先程の予算でも紹介したように、ウッドデッキやタイルデッキなど種類があり、その中でも材料によって値段が変わるので、予算によって種類を選ぶと良いでしょう。
一般的にタイルデッキの方が値段が安い傾向にあります。ウッドデッキを選ぶ際は人工木材で作られたものや樹脂で作られたものを選ぶと費用が抑えられます。
テラスのサイズ感、テラスのお値段、そして今のお家とテラスのデザインが合うかどうかも考えると良いでしょう。
テラスのサイズは大きすぎても小さすぎても良くありません。
テラスが大きすぎるとお庭のスペースを極端に減らしてしまったり、お掃除ができなくなってしまい害虫被害が出てしまうことも。
害虫被害はテラスだけではなく、お家自体にも及んできますので注意してください。
また、大きいテラスにするとその分費用もかかります。テラスだけではなく、屋根を付けたい場合はその分の費用もかかりますので気をつけてください。
テラスが小さすぎると、やりたかった施工ができず、結局使わなくなってしまったり、もう一度施工して費用がかかってしまうこともあります。
サイズはあらかじめ計測するなどして、確認しておきましょう。

テラスのお値段も大事です。テラスの種類は豊富にあるので、事前にしっかりと調べて、使いたい用途にあった種類で、予算内に収まるようにしましょう。何個か候補をあげておくのがおすすめです。

最後にデザインを確認しましょう。お家を建てる際に外構も同時に施工した方は特に注意が必要です。お家が外構込みでコーディネートされている場合が多いので、そのデザインに合ったものを探しましょう。
もちろん好みに合うものが一番いいのですが、完成後になんか合わないな、なんか違うなと思うことがないように今のお家、外構と合わせて選ぶのがおすすめです。

テラス屋根の種類

テラスに屋根を設置する際もテラスの屋根はしっかり選びましょう。
基本的にテラスの屋根は装飾ではなく、実用を目的にしていることが多いと思いますので、目的にあったものを選びましょう。
高いものが全ていいというわけではありませんが、あまり安ければ安いだけいいと選ばない方がいいと思います。
例えば紫外線が気になる場合はちゃんとUVカットできるものを選んだりしましょう。
雪が降る地域や、台風が多い地域の方は特に注意が必要です。
雪に耐えられず壊れてしまい、家を傷つけてしまったり、台風などで飛ばされてしまい、ご近所のお家を傷つけてしまうなどの危険があるためです。
なぜ屋根をつけたいのかということと、お住まいの地域にあったものを選びましょう。

外壁

テラスは安定させるために外壁に取り付けるタイプのものがあります。
外壁に取り付けないタイプのテラスもありますが、安定させるため、多くのテラスは外壁に取り付けるタイプになっています。

テラスを外壁に取り付ける際、外壁に穴を開けて設置するのですが、穴を開けることができない外壁や外壁よりも大きいテラスにしてしまうと、設置できないこともあるので注意が必要です。
また、外壁が老朽化などで脆くなってしまっていて、テラスを設置すると崩れてしまう場合も設置できないので、お家の外壁がテラスを設置できるものかどうかの確認も必要です。

もし、外壁などの影響でテラスを取り付けることができない場合は、独立型といい外壁に取り付けないタイプのテラスもあります。
外壁に取り付けない分、施工も簡単なのですが、安定性が低くなるため、台風が多い地域や風が強い地域の方にはおすすめできません。それ以外の地域の方でも、独立型にする場合は、しっかりと固定し、台風や強風が予想される日にはさらに対策をしましょう。

まとめ

今回はテラスを増築したいという方に向けて、テラスの増築にかかる費用、そしてテラスを増築する際の注意点をご紹介しました。
テラスがある生活は憧れますし、テラスがあるとお家での時間をより良いものにできたり、家事をするスペースができたりと良いことが沢山ありますよね。
テラスに屋根をつけるとより快適にテラスで過ごすことができたり、屋根の中には物干し竿を取り付けることができるものもあるので、より家事がしやすくなったりします。
一方、テラスはちゃんと選ばないと理想のテラスでの生活にならなかったり、自然災害によるトラブルに見舞われることも。屋根をつける場合は、屋根も大事ですので、今回ご紹介した注意点を元に、ご自身の理想に近いテラスを選んでみてください。

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム
contact request request
pageTop