庭をリフォームする際の費用相場とは?施工事例とともに紹介

ブログ

庭をリフォームする際の費用相場とは?施工事例とともに紹介

庭をリフォームする際の費用相場とは?施工事例とともに紹介

リフォームの対象は、家だけではありません。庭もリフォームの対象となります。なかには、庭をリフォームしておしゃれで快適な庭をつくりたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、庭のリフォームに関する情報がないことで具体的な行動を起こせない方も多いでしょう。実際のところ、庭をリフォームするときの費用相場を把握することは簡単ではありません。ただし、ポイントを押さえればある程度の相場は把握できます。今回は、庭をリフォームするときの費用相場を施工事例とともに紹介していきます。

本記事を読むと庭をリフォームするときに知っておきたい基礎知識と、施工内容と費用相場、リフォーム前のチェックポイントが分かるので、庭のリフォームをご検討の際は、参考にしてください。

庭のリフォームに関する基礎知識

庭のリフォームに関する基礎知識

庭をリフォームする前には、いくつかの基礎知識を理解しておく必要があります。なぜなら、基礎知識が理解できていないと、業者選びやリフォームを依頼するまでの流れが見えずに、庭のリフォーム工事をスムーズに進めることができないからです。ここでは、庭のリフォームに関する基礎知識として、以下の内容をご紹介します。

  • ・最初に決めておくこと
  • ・予算の決定
  • ・依頼先を選ぶポイント

とくに、依頼先を間違えると余計な費用を負担しなければいけない可能性があるので、注意してください。

最初に決めておくこと

庭をリフォームするときには、最初に決めなければいけないことがあります。それが、庭をリフォームする目的やリフォーム後の庭のイメージを固めておくことです。

まずは庭をリフォームする目的から考えていきましょう。ただし、あまり難しく考える必要はありません。なぜなら、ここで決める目的とは庭造りにおける大枠だからです。では、どのように考えていけばいいのでしょう?ポイントとなるのが、庭をどうとらえるかということです。

まずは、庭を「過ごす場所」にしたいのか?それとも「家から眺める場所」にしたいのかを決めることから始めましょう。庭を過ごす場所として考えたときは、誰とどんな時間帯に過ごすのかを整理していくと、イメージが膨らみやすくなります。イメージが膨らんでくると、必要なものが見えてくるはずです。

たとえば、家族とバーベキューを楽しみたいとイメージした場合、ウッドデッキやガーデンテーブルセットが連想されます。そうなれば、庭のどこにウッドデッキを設置すればいいのかも見えてくるので、具体的なイメージができあがるでしょう。このようなイメージができれば、業者に依頼したときも、希望を具体的に伝えることができるので、スムーズに工事に取り掛かれます。

また、庭を家から眺める場所にしたいと考えたときは、家のどの部分から庭を見るのかを考えていくとイメージが膨らみやすくなります。なお、理想の庭をイメージするのが難しい場合は、ネットでおしゃれな庭の画像を参考にするのもいいでしょう。

予算の決定

庭をリフォームするときは、予算を決めておくことも大切です。理想の庭造りを目指していると、どうしても途中で追加したいものが出てきます。しかし、追加工事を依頼すれば費用も膨らんでいきます。このような事態を避けるためにも、先に予算を決めておくことが重要です。

また、予算が決まっていれば業者に伝えることができます。予算を伝えると、予算内で実施できる最適な工事プランの提案を受けることが可能です。予算を決めておくことで、プロの提案を受けることができるので、依頼前には予算を決めておきましょう。

なかには、予算を決めるときに基準がなくて迷う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、1つの目安として費用のボリュームゾーンを把握しておきましょう。庭をリフォームする費用のボリュームゾーンは約50万円から約100万円です。もちろん、庭の状況や工事内容、使用する素材によって費用は大きく変わるので、ここでの金額はあくまで目安としてください。

なお、施工事例ごとの費用相場を後述しているので、そちらを参考にしながら予算を設定するのも1つの方法です。

依頼先を選ぶポイント

庭をリフォームするときは、業者選びも重要になります。なぜなら、どの業者に依頼するかによって、工事の完成度や満足度は変わってくるからです。では、どのように業者を選べばいいのでしょうか。ここでは、業者を選ぶポイントを詳しく解説します。

庭をリフォームするときは、外構業者やエクステリア業者に依頼しましょう。なかには、家を建てたハウスメーカーや工務店に依頼する人もいらっしゃいます。しかし、ハウスメーカーや工務店は基本的に外構工事の専門ではありません。そのため、依頼を受けても仕事は外注されることになるのです。

当然、外注すると仲介手数料が費用に上乗せされます。つまり、顧客の負担する費用が高くなる可能性があるのです。このような事態を避けるためにも、自分で専門業者を探して直接依頼しましょう。

なお、専門業者を探すときはネットで検索するのも1つの手段です。エクステリア業者の多くはホームページで過去の施工事例を紹介しているだけでなく、得意な工事や自社の特徴についても記載しています。業者を探すときは必ずホームページを確認してください。

ただし、気になる業者を見つけても、いきなり依頼するのは避けましょう。なぜなら、比較ができないからです。まずは、気になる業者を3社程度見つけて予算と希望を伝えたうえで見積もりを依頼してください。複数社からの見積もりをもらうことで、金額が妥当なのかどうかについて分かります。

押さえておきたい!庭をリフォームするときの費用相場

押さえておきたい!庭をリフォームするときの費用相場

庭のリフォーム工事と一括りにしても、工事内容は多岐にわたります。このことも庭のリフォーム工事の相場を把握しにくくさせている原因の1つです。そこで、ここからは施工事例と費用について詳しく紹介していきます。気になる施工事例があれば、費用を把握するための目安としてください。

砂利敷き

雑草対策として庭に砂利を敷き詰めたい方もいらっしゃるでしょう。庭に、砂利を敷き詰めると雑草が生えにくくなるので庭のお手入れが楽になります。他にも、砂利の上を歩くと音が鳴るので防犯対策としての効果も期待できます。また、見た目が綺麗になるのもメリットです。

なお、砂利は庭全体に敷く以外にも、アプローチの間だけに敷くといったように部分だけ敷き詰める方法もあるので、デザイン性を高めるうえでも効果的な工事となります。では、目安となる費用相場を見ていきましょう。砂利を敷く工事の費用相場は1㎡あたり約3,000円から約1万円です。

実際の施工事例を確認すると30㎡の庭全体に砂利を敷いたケースで、費用は約15万円となっています。

芝生張り

芝生を張ると雑草対策になるだけでなく、クッション性があるので転倒による怪我リスクを軽減できます。そのため、小さなお子様がいる方におすすめのエクステリア工事です。さらに、芝生を張ると砂埃が立ちにくくなるので洗濯物が汚れにくい環境も整います。では、芝生を張るとどれくらいの費用がかかるのでしょう。芝生を張るときの費用は天然芝と人工芝によって変わります。

天然芝の場合、1㎡あたり約4,000円から約6,000円が費用の目安となるのですが、人工芝だと1㎡あたり約1万円から約1万3,000円になります。費用だけで考えると、天然芝の方がいいと思うかもしれません。しかし、庭に張る芝を天然芝にすると定期的なメンテナンスが必要になります。一方、人工芝だとメンテナンス頻度が天然芝よりも少なくなるのです。

もし、業者にメンテナンスを依頼する場合はランニングコストが発生します。そのため、芝生を選ぶときは初期費用だけでなくランニングコストについても考えておかなければいけません。芝生を選ぶときは初期費用だけでなく、張り終えてからのメンテナンス費用も考慮しておきましょう。

ウッドデッキの設置

ウッドデッキを設置すると、庭でできることの幅が広がります。バーベキュースペースとしてだけでなくDIYスペースとして使うことができるうえに、お子様の遊び場にもなるからです。そんなウッドデッキの設置費用もサイズや使用する素材によって大きく変わります。目安となる相場は、人工木材を使用した小さいサイズのウッドデッキだと約40万円程度です。

ウッドデッキの費用は、サイズや素材によって大きく変わるので、依頼前には使用目的とどのくらいのサイズを希望するのかを先に決めて業者に伝えておきましょう。また、このときに予算を伝えておくと、希望に合わせたウッドデッキを提案してくれる可能性があるので、予算も伝えるようにしてください。

実際の施工事例を確認すると24㎡のウッドデッキを作成したときの、費用が約100万円です。なお、ウッドデッキの作成費用には、設計費と解体撤去費、人件費と材料費、諸経費が含まれています

玄関アプローチ

来客が必ず通る道が玄関アプローチです。そのため、庭のリフォームにおいて玄関アプローチにこだわりたいと考える人は少なくありません。そんな玄関アプローチの費用相場は1㎡あたり約1万5,000円から約2万5,000円と幅が広くなっています。理由は、選択肢の多さです。玄関アプローチは、素材だけでなくデザインの幅も広いので、相場の把握が難しくなっています。

そのため、見積もりを依頼するときは、予算と玄関アプローチに求めるデザイン性や機能性、優先したいことなどを伝えましょう。

シンボルツリー

名前のとおり、庭のシンボルとなるのがシンボルツリーです。庭に植栽を取り入れると庭の雰囲気は大きく変わります。庭に自然な景観を取り入れることができるので、人工物だけでは表現できない癒しの空間を演出できるのが大きな魅力です。そんなシンボルツリーの設置には、木の購入代金と工事費だけでなく、庭の状態によっては土壌改良費と支柱費が必要になります。

上記、すべての費用を合計したときの目安となる費用が約5万円から約15万円です。内訳は、下記のようになります。

項目 費用
木の購入費 約2万円から約8万円
工事費 約3万円から約5万円
(3m未満の木の場合)
土壌改良 約1万円
支柱 約1万円

 なかには、木を購入して自分で植えようと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、大きな木の場合は重さが数十キロになるので運ぶこと自体が簡単ではないうえに、植え方に失敗すると木が枯れてしまう危険もあるので注意してください。なお、業者に依頼すると枯れ補償をつけられるケースもあるので安心です。経験や知識がない場合は業者に依頼しましょう。

リフォーム前に確認しておくこと

リフォーム前に確認しておくこと

庭のリフォームを実施する前には、確認しておくべきことがあります。なぜなら、ここで紹介するポイントを確認しておくことで、工事をスムーズに進められるだけでなく、制度を利用して工事費用を抑えられる可能性があるからです。工事をスムーズに進めていくためにも、業者に依頼する前に必ずチェックしておきましょう。

メンテナンスを考慮

庭をリフォームするときは、リフォーム後のことも考えておく必要があります。なぜなら、リフォーム工事の内容や、使用する素材によってメンテナンスが必要になることがあるからです。

デザインを優先した結果、リフォーム後のメンテナンス費用が想像以上に膨らんでしまうケースもあるので、リフォーム前にはメンテナンスについても考えておかなければいけません。

たとえば、ウッドデッキを設置するときは、メンテナンスのことを考えて素材を選ぶ必要があります。天然木でウッドデッキを作成すれば、人工木よりも初期費用を抑えることができます。しかし、天然木の場合、定期的に塗装が必要になるのでランニングコストがかかるのです。

一方で、人工木でウッドデッキを作成すれば、初期費用は天然木よりも高くなることが多いですが、基本的にはメンテナンスフリーなのでランニングコストがほとんどかかりません。業者に依頼するときは、工事費用だけでなくメンテナンス費用についても確認したうえで、工事を実施するようにしましょう。

イメージを明確にしておく

庭のリフォームを成功させるには、イメージを明確にしておくことも重要になります。イメージが明確になっているということは、ゴールが見えているということです。逆にゴールが見えていなければ、目指す先が分からないので、手探りで探していかなければいけません。結果、追加工事が発生する可能性が出てきます。

追加工事が発生すると費用が膨らむだけでなく、後から付けたすことになるので、庭のデザインが崩れてしまうリスクもあるので注意しなければいけません。後から追加していくと、どうしても最初に描いていたデザインから離れてしまう危険があります。そのため、イメージを明確にして、業者と明確になったイメージを共有してから工事に取り掛かりましょう

利用できる補助金の確認

庭をリフォームする前に確認しておきたいのが利用できる補助金の有無です。庭をリフォームするときに利用できる可能性がある補助金は国の補助金と、自治体の補助金の2種類があります。

庭のリフォーム時に利用できる補助金は、基本的に自治体の補助金です。そのため、自治体によっては補助金が用意されていないケースもあります。ただし、補助金を利用できれば庭のリフォーム費用を抑えられる可能性があるので、活用できる補助金の有無は必ず確認しましょう。気になる方は、自治体の窓口で問い合わせてください。

まとめ

庭のリフォーム費用は、リフォーム内容や使用する素材によって大きく変わります。そのため、相場を把握するのが難しくなっているのです。ただし、目安として覚えておきたい相場はあります。それがボリュームゾーンです。庭のリフォーム費用のボリュームゾーンは約50万円から約100万円なので、1つの目安として覚えておきましょう。

庭のリフォームと一括りにしても、砂利敷きや芝生張り、ウッドデッキの設置や玄関アプローチの作成など、工事内容は多岐にわたります。そのため、まずは理想の庭をイメージすることから始めましょう。理想の庭をイメージすることで目指すべきゴールが見えてきたら、予算を設定して業者に相談してください。

株式会社ZOUSは、「Outside & Life Style 自分の庭を遊び尽くす!」をモットーに、海外のようなお庭で、外の目を気にせずプライベートが楽しめる空間デザインを得意としています。これまで数々のエクステリアを手掛けてきた知識と経験の豊富なスタッフが多数在籍しています。

コストパフォーマンスと高品質を大切にし、厳選した良質な資材を直輸入。遠目で分かるオリジナルデザインと近目で分かる施工のこだわりで、あなたの理想のエクステリアを叶えます。

「見るお庭から過ごせるお庭へ」外構施工はZOUSにお任せください。

CONTACT

ZOUSに関するお問い合わせはこちらから

千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのcontact 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest
pageTop