外構の駐車場をおしゃれにする方法!プロのエクステリア業者が解説

ブログ

外構の駐車場をおしゃれにする方法!プロのエクステリア業者が解説

外構の駐車場をおしゃれにする方法!プロのエクステリア業者が解説

駐車場は、外構全体の印象に大きく影響を与えます。そのため、おしゃれな外構を目指すうえで、駐車場づくりは非常に重要な意味を持ちます。

もちろん、特にこだわりがなければ、コンクリートを流し込むだけで駐車場づくりを終わらせることも可能です。しかし、おしゃれな外構を目指したい場合は、駐車場のデザイン性について考えることが重要になります。

今回は、外構の駐車場をおしゃれにする方法について、詳しく解説していきます。本記事を読むと、駐車場の基礎知識はもちろん、駐車場をおしゃれにする具体的な方法と注意点が分かります。駐車場をおしゃれにしたい方や、おしゃれな外構を目指している方は、ぜひご一読ください。

外構における駐車場の種類

外構における駐車場の種類

外構における駐車場は、大きく次の3種類に分けられます。

  • ・オープンタイプ
  • ・カーポートタイプ
  • ・ガレージタイプ

まずは、3つの駐車場の特徴について詳しく解説していきます。

オープンタイプ

オープンタイプの駐車場は、舗装だけで屋根や壁がないタイプの駐車場です。一般的には、コンクリート舗装が知られていますが、砂利やアスファルト、芝生などが使用されていることも珍しくありません。基本的には、舗装工事だけで作ることができるため、他のタイプの駐車場と比べると施工費用が安いのが特徴です。

ただし、屋根と壁がないので、雨天時は車の乗り降り時に濡れることがあります。また、車が雨風にさらされているので、汚れやすく劣化しやすい環境なのがデメリットです。

カーポートタイプ

カーポートを設置した駐車場がカーポートタイプです。カーポートは、柱と屋根で構成された建築物で、屋根があることで天候の影響を受けにくい環境を作れます。そのため、雨が降っているときでも車の乗り降り時に濡れる心配がありません。また、雨風や紫外線から車を守り、劣化を遅らせられます。

しかし、カーポートを設置するときは、サイズに注意しなければいけません。たとえば、軽自動車用のカーポートを設置していた場合は、サイズが大きな車に乗り換えた場合、はみ出してしまう可能性があります。そのため、カーポートを選ぶときは、将来性を考慮したサイズ選択を心がけるようにしましょう。

ガレージタイプ

ガレージタイプは、名前の通りガレージを設置する駐車場のことです。一般的には開閉式のシャッターを出入り口に設置するため、雨風から車を守るだけでなく、防犯性も高められます。

もちろん、屋根と壁によって守られているため、天候が悪くても乗り降り時にストレスを感じることもありません。また、サイズが大きなガレージを設置すれば、車のメンテナンスを楽しんだり、趣味用のスペースとして活用したりできる点もメリットです。

一方で、駐車場タイプの中では最も費用がかかるのがデメリットです。設置するガレージによっては、100万円を超えることも珍しくないので、その点は覚えておきましょう。しっかりと車を守れる環境を整えたい方におすすめの駐車場タイプです。

駐車場の代表的な舗装種類

駐車場の代表的な舗装種類

おしゃれな駐車場を作るとき、避けて通れないのが舗装工事です。土が露出した状態のまま駐車場として使用すると、おしゃれな印象を与えることができないだけでなく、泥はねで車が汚れてしまいます。

そのため、駐車場を作るときは基本的に舗装工事によって、駐車場としての環境を整える必要があります。ここで、考えなければいけないのが舗装種類です。駐車場に使われる代表的な舗装が次の3つです。

  • ・コンクリート
  • ・砂利
  • ・芝生

ここからは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

コンクリート

駐車場の舗装として、最も一般的に知られているのがコンクリート舗装です。コンクリートは耐久性が高く、ほとんどメンテナンスが必要ありません。また、土が露出していないので、雑草が生えないこともメリットです。

一方のデメリットとしては、他の舗装方法と比べて施工費用が高くなる点が挙げられます。しかし、耐用年数が15年から20年と長いため、長期的な視点で見ると、決して割高というわけではありません。舗装をコンクリートにすると、簡単なメンテナンスで長期間使える駐車場が手に入るのは、大きなメリットといえるでしょう。

砂利

駐車所の舗装に砂利を選択する人も少なくありません。その理由の1つが、施工費用の安さです。砂利敷き工事は、舗装工事の中でも費用が安いため、施工費用を抑えたい場合は、選択肢の1つになります。

また、水はけが良く雨が降っても水たまりができにくいため、靴やタイヤを泥汚れから防ぐ効果も見逃せません。靴に泥汚れがつかないため、玄関まで泥汚れを持ち帰ることもありません。アプローチや玄関が汚れにくくなる環境を作れるのは、大きなメリットといえるでしょう。

ただし、ハンドルを切るとタイヤの跡が付きやすいことと、細かな砂利が跳ねてボディに傷が付く可能性があることは覚えておきましょう。

芝生

外構に緑を取り入れたい方は、芝生を駐車場の舗装として選択するのも1つの方法です。芝生は、見た目の美しさと施工費用の安さが魅力ですが、きれいな状態を維持していくのは簡単ではありません。

特に、天然芝の場合は成長するので、定期的なメンテナンスが必要です。ただし、人工芝は天然芝と比べて費用が高くなるだけでなく、タイヤの重さで人工芝が劣化する恐れがあるので、その点は覚えておきましょう。

外構の駐車場をおしゃれにする具体的な方法

外構の駐車場をおしゃれにする具体的な方法

駐車場をおしゃれにする方法といわれても、具体的な方法をイメージできる方は多くありません。なぜなら、駐車所工事はコンクリート舗装をして終わりと考えている人が多いからです。

実際、施工業者の中にも駐車場のデザインを重要視せずに、コンクリートを流し込めば終わりと考えているケースは珍しくありません。そういう意味では、外構の駐車場をおしゃれにするためには、業者選びも重要になるのです。

ここからは、外構の駐車場をおしゃれにする具体的な方法を解説していきます。駐車場をおしゃれにしたい方はもちろん、外構全体の雰囲気をおしゃれに仕上げたい方も参考にしてください。

コンクリートと砂利の組み合わせ

コンクリートと砂利を組み合わせた舗装にすると、駐車場がおしゃれになります。全面がコンクリートだと、どうしても無機質な印象になるため、おしゃれな雰囲気を演出できません。一方で、砂利を組み合わせると舗装のアクセントになるので、デザイン性が高まります。

もちろん、組み合わせ方法はさまざまです。目地の部分に砂利を入れる方法もあれば、車を停めるスペースだけコンクリートを敷いて残りは砂利を敷く方法や、タイヤが乗る部分だけをコンクリートにして、それ以外の部分は砂利を敷くといった方法もあります。

使う素材が増えることで、自由なデザインを楽しめるようになります。また、植栽を効果的に取り入れれば、さらにおしゃれな印象にできるでしょう。

コンクリートと芝生の組み合わせ

緑を取り入れて、おしゃれな雰囲気を演出したい方は、コンクリートと芝生の組み合わせがおすすめです。特に、コンクリートの無機質な印象が苦手な方は、芝生を取り入れると印象が大きく変わるので覚えておきましょう。特に、スタイリッシュで都会的な庭づくりを目指している方は、コンクリートと、きれいな状態を維持しやすい人工芝の組み合わせがおすすめです。

コンクリートとタイルの組み合わせ

外構の駐車場をおしゃれにするときは、コンクリートとタイルの組み合わせもおすすめです。タイルにはさまざまな種類があるため、複数のタイルを組み合わせて使うこともできます。

駐車場に高級感を持たせたい場合は、高級感があるタイルを使用するのも良いでしょう。タイルが駐車場のアクセントになるため、外構全体がおしゃれな雰囲気になります。

照明を設置する

照明を設置するのも、駐車場をおしゃれにする1つの方法です。夜の駐車場が暗いと足元が見えにくく、転倒して怪我をするリスクが高まります。照明を設置すると、足元が見えやすくなるので、転倒リスクを軽減できるのもメリットです。

また、夜の駐車場がライトアップされると、外構全体の雰囲気をおしゃれに演出できます。照明を設置して、駐車場のデザイン性と機能性を高めていきましょう。

外構におしゃれな駐車場を作るときの注意点

外構の駐車場をおしゃれにする:照明の設置

外構におしゃれな駐車場を作るときは、次の点に注意しなければいけません。

  • ・外構全体のデザインに合わせる
  • ・業者選びは慎重にする

ここからは、おしゃれな駐車場を作るときに知っておきたい、これら2つの注意点について、詳しく解説していきます。

外構全体のデザインに合わせる

おしゃれな駐車場を作るときは、外構全体のデザインに合わせることが大切です。おしゃれな駐車場を作るときは、駐車場のデザインだけを考えてはいけません。なぜなら、駐車場も外構の一部だからです。そのため、外構全体で見たときのデザインを考える必要があります。

駐車場のデザインだけで考えてしまうと、その他の外構との統一感がなくなり、チグハグな印象を与える危険があるので注意が必要です。仮に、おしゃれな駐車場ができたとしても、全体を見たときに統一感がなければ、おしゃれな印象を与えることはできません。そのため、おしゃれな駐車場を作るときは、必ず外構全体のデザインに合わせるようにしましょう。

業者選びは慎重に行う

外構の駐車場をおしゃれにしたいときは、業者選びが大切です。外構・エクステリア業者は、それぞれに得意な工事や、施工経験の多い工事があります。

駐車場工事を経験した業者でも、コンクリートを流し込むだけの駐車場ばかりで、おしゃれな駐車場の施工経験はないということは珍しくありません。だからこそ、おしゃれな駐車場工事を依頼する業者を選ぶときは、おしゃれなデザインの駐車場を作れる業者の選定が大切です。

業者によって、駐車場の仕上がりは大きく変わります。後悔しないためにも、業者は慎重に選ぶようにしましょう。なお、業者選びのポイントについては、次章で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてください。

外構におしゃれな駐車場を作るときの業者選びのポイント

外構におしゃれな駐車場を作るときの、業者選びのポイントは次の3つです。

  • ・施工実績の確認
  • ・トータルデザインができる業者
  • ・提案力がある業者

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

【施工実績の確認】

依頼する業者が、これまでにどのような駐車場を作ってきたのかは、重要なポイントになります。なぜなら、おしゃれな駐車場の施工実績がなければ、おしゃれな駐車場を作るのは難しいからです。

おしゃれな駐車場を作るためには、引き出しが多くさまざまな工事に対応できる業者を選ばなければいけません。業者の経験とノウハウを確認するためにも、必ず施工実績を確認してください。なお、施工実績は業者のホームページで確認できるので、理想に近い駐車場を作っている業者があればチェックしておきましょう。

【トータルデザインができる業者】

おしゃれな駐車場を作るには、外構全体の統一感が大切になります。なぜなら、統一感がないと外構全体がおしゃれに見えないからです。そのため、業者を選ぶときはトータルデザインができる業者に依頼しなければいけません。おしゃれな駐車場を作ることで、外構全体をさらにおしゃれにしていきましょう。

【提案力がある業者】

続いてのポイントは、提案力がある業者を選ぶことです。提案力がある業者に依頼すれば、駐車場づくりにプロの意見を取り入れられます。これは、非常に大きなメリットです。

プロは、顧客の要望を聞くだけでなく、さらなるアイデアを提供することで顧客の満足度を高めてくれます。提案力がある業者に依頼して、素人では思いつかないデザインや、ワンランク上のおしゃれなデザインを提案してもらいましょう。

まとめ

今回は、外構の駐車場をおしゃれにする方法について、詳しく確認してきました。外構の駐車場は、複数の素材を組み合わせることでおしゃれにできます。

しかし、おしゃれな駐車場を作るときは、外構全体のデザインに合わせなければいけません。なぜなら、駐車場も外構の一部だからです。駐車場と外構のデザインがズレてしまうと、チグハグな印象を与えてしまうため、おしゃれな駐車場とは呼べません。

このような事態を避けるためにも、業者選びは慎重に行わなければいけません。依頼する業者によって、駐車場の仕上がりが大きく変わるため、信頼できる業者への依頼が大切になります。業者を探すときは、施工実績を確認して、自分好みの駐車場を作った経験があるのかをチェックしておきましょう。

千葉で外構に関するお悩みがある方は、当社「ZOUS(ゾウズ)」までお気軽にご相談ください。「Outside & Life Style 自分の庭を遊び尽くす!」をモットーに、海外のようなお庭で、外の目を気にせずプライベートが楽しめる空間デザインを得意としています。これまで数々のエクステリアを手掛けてきた知識と経験の豊富なスタッフが多数在籍しています。

コストパフォーマンスと高品質を大切にし、厳選した良質な資材を直輸入。遠目で分かるオリジナルデザインと近目で分かる施工のこだわりで、あなたの理想のエクステリアを叶えます。

「見るお庭から過ごせるお庭へ」外構施工はZOUSにお任せください。

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら

CONTACT

ZOUSに関するお問い合わせはこちらから

千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのcontact 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest
pageTop