庭(ガーデン)のエクステリア工事にかかる費用と業者選びのコツ

ブログ

庭(ガーデン)のエクステリア工事にかかる費用と業者選びのコツ

庭のエクステリアにかかる費用の基礎知識

自宅の庭をエクステリアとして活用する際、ある程度の工事が必要になります。そして、エクステリアを本格的に整える場合、工事にそれなりの費用をかける必要があります。そのため、多くの方が費用面に懸念を抱えることがあります。

この記事では、庭のエクステリア工事にかかる費用の基礎知識についてご紹介します。最後までお読みいただくと、エクステリア工事にかかる費用の内訳と相場、エクステリア工事を始める前に知っておくべき基礎知識、業者選びのコツが分かります。

庭のエクステリア工事を検討している方にとって役立つ記事ですので、ぜひご一読ください。

庭のエクステリア工事とは

庭のエクステリア工事とは、庭全体の外観や機能を整えるために、外部からのアプローチやライトアップ、植栽や構造物、遊具などを設置し、庭を美しく機能的にするための工事のことを指します。

具体的には、庭の土地や地形を生かした石組やウッドデッキ、テラス、フェンス、ゲート、噴水、プールなどを設置することで、庭の景観や使い勝手を向上させます。

庭のエクステリア工事に必要な3つのポイント

庭のエクステリアに必要な3つのポイント

庭のエクステリア工事を業者に依頼する前に、以下の3つのポイントを確認しておく必要があります。

  • ・環境
  • ・テーマ
  • ・予算

どのポイントも、依頼前に確認しておくことで、打ち合わせをスムーズに進められるだけでなく、費用が膨らむのを抑える効果があるので、しっかり確認しておきましょう。

環境チェック

庭のエクステリア工事において環境は重要になります。なぜなら、基本的に環境を変えることはできないからです。そのため、事前に庭の環境をチェックしておく必要があります。では、どのようなポイントをチェックすればいいのでしょうか。ポイントは以下の3つです。

  • ・日当たり
  • ・水はけ
  • ・広さ

日当たりや水はけは、庭の植物に影響を与えます。また、具体的なエクステリアのイメージをつくるためには、広さのチェックも欠かせません。簡易的な図面を作成するとイメージを掴みやすくなるので、一度、作成してみるのも良いでしょう。

これら3つのポイントはエクステリアにとって欠かせない要素であるため、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

テーマを決める

業者への依頼時には、どのような庭にしたいのかを伝えなければいけません。そこで重要になるのがテーマです。ここでいうテーマとは、和風の庭園をイメージするのか、洋風の庭をイメージするのかといった、大まかな方向性を指します。

最初から細部にこだわりすぎると、工事に時間がかかるだけでなく、予算が膨らむ可能性もあるので、依頼前にはシンプルなイメージで問題ありません。テーマを決めると、庭のエクステリアに統一感を持たせられるだけでなく、庭に植える植物やインテリアも決めやすくなるというメリットがあります。

予算を決めておく

業者に依頼する前には予算を決めておくことも重要です。予算を決めておくと、2つのメリットがあります。それが、費用を抑えられる効果と、予算に応じた提案を受けられることです。

また、予算を決めておくとエクステリアにおける優先順位をつけやすくなります。優先順位が明確になることで、費用が膨らむ可能性を抑えられますので、依頼前には予算だけでなく優先順位も決めておきましょう。また、一般的には住宅の建築費用の約1割が庭造りの予算とされていることを参考にしてください。

庭のエクステリア工事にかかる費用相場と費用を決める3つの要素

庭のエクステリアにかかる費用相場と費用を決める3つの要素

庭のエクステリア工事にかかる費用は規模や材料によって大きな開きがあります。そのため、相場を把握するのは簡単ではありません。しかし、作業ごとの費用相場を知ることはできます。

以下では、作業別の費用相場とエクステリア工事の費用を決める上での3つの要素について説明します。

作業別の費用相場

庭のエクステリア工事を作業別に見ると相場は下記のようになります。

作業内容 費用
庭の整地 約2,500円から5,000円
砂利の敷き詰め 約3,000円から7,000円
芝生の貼り付け 約5,000円から10,000円
コンクリート外構工事 約10,000円から15,000円

なお、上記の相場は1㎡あたりの金額です。

庭のエクステリア工事の費用を決める3つの要素

庭のエクステリア工事の費用は以下の3つの要素によって決められます。

  • ・基礎的工事
  • ・新設備
  • ・大がかりな工事

基礎的工事とは、芝生や砂利を敷くといった庭の基礎をつくる工事です。費用は1平方メートルあたりの単価と施工面積によって計算されます。なお、撤去しなければいけない物がある場合は、別途、撤去費用がかかるので事前に確認しておきましょう。新設備とはサンルームやウッドデッキなど、新しい設備を設置するための費用です。設置物によって、費用が大きく変わるので、こちらも事前確認が重要です。なお、費用は設置物本体の価格と施工費用によって決まります。

全体の工事とは、その名の通り庭全体を造り替えるような大掛かりな工事のことです。新築の戸建てに庭を造る場合は、こちらが当てはまります。基本的に1から庭を造ることになるので、自由度は高まる一方、予算オーバーの可能性も高まるので注意が必要です。予算オーバーを防ぐためには、設置したい設備の優先順位を明確にすることで対応していきましょう。

庭のエクステリアに使われる素材

庭のエクステリアに使われる素材

庭のエクステリアに使用される素材を知っておくと選択肢が広がります。また、素材を知ることで具体的にイメージしやすくなるのもメリットの1つです。そのため、エクステリアに使用される素材を知っておいて損はありません。

ここからは、庭のエクステリアに使われる基本的な素材についてご紹介します。

レンガ・タイル・石張り

まずは、地面に使われる素材として、レンガ・タイル・石張りがあります。

素材 特徴
レンガ
  • ・洋風の住宅に適している
  • ・値段によって耐久性が違う
タイル
  • ・基本的には、コンクリートやブロックといった基礎の上に敷いて使用する
  • ・デザインの自由度が高い
  • ・どのような住宅にも合わせやすい
  • ・駐車場のアクセントとしても使用される
石張り
  • ・高級感を演出できる
  • ・耐久性が高い
  • ・その分、費用が膨らむ傾向にある

塗り壁・コンクリート・生垣

続いて、塀に使用される塗壁、コンクリート、生垣・竹垣をご紹介します。

素材 特徴
塗り壁
  • ・デザインが豊富
  • ・値段が比較的安い
コンクリート
  • ・形の自由度が高い
  • ・デザインにこだわりたい人に向いている
  • ・樹木と組み合わせた雰囲気づくりができる
  • ・施工技術が必要なので、費用が高くなる可能性がある
生垣・竹垣
  • ・和風なイメージにピッタリ
  • ・自然と調和した雰囲気を演出できる
  • ・緑化制作の一環として助成金が出るケースがある

生垣や竹垣を使用すると、地域によっては緑化政策の一環となり、助成金の対象になるケースがあるので、気になる方は地元自治体の担当者に問い合わせてみましょう。

庭のエクステリア工事を依頼する前の注意点

エクステリア工事を依頼する前の注意点

庭のエクステリア工事を依頼する前に、確認しておきたい2つのポイントについてご紹介します。

注意ポイント① メンテナンスの手間と費用

庭のエクステリア工事において、施工費用だけが重要ではありません。なぜなら、メンテナンスの手間と費用も考えた上で庭造りをする必要があるからです。メンテナンス費用を無視してしまうと、庭の維持が大変になるので、メンテナンスも意識したエクステリア工事を目指しましょう。

たとえば、芝は手入れの手間と費用を考えた上で選択しなければいけません。一般的に、人工芝は天然芝よりも安価です。しかし、人工芝は定期的なメンテナンスを怠ると、通気性の確保が難しくなります。そのため、手間と費用が発生するのです。

また、一般的に安価とされる木製のフェンスも定期的なメンテナンスが必要になります。メンテナンスの頻度を少なくしたい場合は、フェンスの素材を変更することで対応可能です。ただし、材料費が高くなるため初期費用が増えることになります。初期費用とランニングコストのバランスを考慮しながら選択することが重要です。

初期費用を抑えつつ、メンテナンスの手間と費用を抑えたい場合は、手入れが簡単な植物を選んだり、除草シートを敷くといった方法もあります。エクステリア工事を依頼する際には、メンテナンスの手間や費用などのランニングコストも考慮しましょう。

注意ポイント② イメージを具体的にする

理想の庭づくりにおいて、最も大切になるのが業者との意思疎通です。イメージが共有できていなければ、思っていたのと違う庭になる危険性もあるので、業者との打ち合わせで、できるだけ具体的なイメージを伝えるようにしましょう。

具体的なイメージを共有することができれば、エクステリア工事もスムーズに進みます。理想の庭の写真などがあれば、イメージの共有が簡単になるので、依頼前には理想の庭の画像をインターネットで探しておくのも1つの方法です。

価格別で可能な庭のエクステリア工事

価格別で可能なエクステリア工事

予算を決めても、どのような庭のエクステリア工事が可能なのか分からないと不安になります。そこで、ここからは予算に応じて可能な庭のエクステリア工事をご紹介します。

予算50万円の場合

予算50万円の場合、簡単な手入れや砂利の追加など、定期メンテナンスが可能です。また、小さめのウッドデッキの設置やおしゃれなガーデニングスペースの作成といった庭のエクステリア工事も可能です。

費用の目安については、下記の表をご覧ください。

工事内容 費用
砂利敷き詰め 1㎡約3,000から9,000円(整地作業もあわせて)
芝生貼り 1㎡あたり約4,500から13,000円(整地作業もあわせて)
ガーデニングスペース 約20万円から50万円
整地 1㎡約2,500から6,000円

砂利を敷くと、雑草対策になるだけでなく、歩くと音が鳴るので防犯対策にも効果的です。庭の雑草対策や防犯対策を取り入れたいときは、砂利を敷くことを検討してみましょう。また、雑草対策としては芝生も効果的です。芝生には人工芝と天然芝があり、基本的には人工芝の方が安価です。ただし、メンテナンス費用がかかるため、初期費用とランニングコストを考慮して選択することが重要です。

さらに、整地費用には地面に埋まっている小石の除去費用なども含まれています。一部の方は整地をDIYしようと考えるかもしれません。しかし、正しい整地が行われていないと水はけの問題が発生する可能性もあるので、専門業者に依頼する方が安全です。

予算50万円から100万円

予算50万円から100万円の場合、ウッドデッキの設置、庭全体の造園、サンルームの設置などのエクステリア工事が可能です。

なお、目安となる費用は以下をご参照ください。

工事内容 費用
ウッドデッキの設置 1㎡あたり約1万円から3万円
庭全体の造園 約60万円から約100万円(規模による)
サンルームの設置 約100万円

なお、ウッドデッキに手すりや階段を設置する場合は、別途費用が発生します。その際、約2万円から5万円程度が必要です。

予算100万円以上

予算100万円以上の場合、庭全体のリフォーム・エクステリア工事が可能です。タイルやレンガ、木や芝生を使って庭を整備していくことができます。

約100万円 費用
庭全体のリフォーム 約100万円から約150万円(規模による)
ツリーハウスの設置(庭にある木を使って設置) 約130万円

庭のエクステリア工事で失敗しない業者選びのコツ

納得できる庭のエクステリア工事を実現するためには、業者選びが重要になります。費用が安くても、納得できる庭造りができなければ意味がないので、業者選びは慎重に行いましょう。

ここからは、失敗しない業者選びに必要な2つのポイントをご紹介します。

施工実績が豊富な業者を選ぶ

過去の施工実績は、業者選びにおいて重要になります。施工実績が多ければ多いほど経験があるので、ノウハウが積み重なっているからです。経験やノウハウが積みあがっているからこそ、庭の規模や顧客の要望に応えるための引き出しが多くなります。

では、どのようにして過去の施工実績を確認すればいいのでしょう。最も手軽な方法は、ホームページの確認です。エクステリア工事を行う業者の多くは、ホームページ上に過去の施工実績を掲載しています。なかには費用も掲載している業者もあり、費用面でも参考になるので、まずは、気になる業者のホームページを確認しましょう。

希望に沿った提案をしてくれる

業者選びにおいて、提案の有無も大切です。顧客のことを考えている業者は、顧客の希望をヒアリングした上で、適切な工事プランを提案してくれます。逆に、顧客目線を持たない業者は顧客の希望だけを聞き、具体的な工事内容の提案をしてくれません。

最悪の場合には、追加費用が発生する可能性もありますので、適切なプランを提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。経験豊富だからこそ、顧客の希望に沿った提案をしてくれる。そんな業者を選ぶことで、予算内で満足できる庭造りが可能になるのです。

まとめ

この記事では、庭のエクステリア工事にかかる費用の基礎知識を紹介しました。

庭のエクステリア工事は、規模や内容によって費用が大きく変わります。そのため、相場を把握するのは簡単ではありません。しかし、目安となる基準は存在します。それが、住宅の建築費用の1割程度です。この目安を意識すると、エクステリア工事の費用も見えてくるでしょう。また、作業別の費用相場を見ることで、おおよその費用もイメージできます。

まずはどのような庭にしたいかを考えることから始めましょう。イメージが具体的になれば、必要な工事が分かるので、記事内の工事別費用を参考にして、予算に無理がないかを確認してください。

千葉で庭のエクステリア工事をご検討されている方は、当社「ZOUS(ゾウズ)」までお気軽にご相談ください。

「Outside & Life Style 自分の庭を遊び尽くす!」をモットーに、海外のようなお庭で、外の目を気にせずプライベートが楽しめる空間デザインを得意としています。これまです数々のエクステリアを手掛けてきた知識と経験の豊富なスタッフが多数在籍しています。

コストパフォーマンスと高品質を大切にし、厳選した良質な資材を直輸入。遠目で分かるオリジナルデザインと近目で分かる施工のこだわりで、あなたの理想のエクステリアを叶えます。

「見るお庭から過ごせるお庭へ」外構施工はZOUSにお任せください。

CONTACT

ZOUSに関するお問い合わせはこちらから

千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのcontact 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest
pageTop