自宅サウナの作り方!サウナの種類や設置にかかる費用について解説

ブログ

自宅サウナの作り方!サウナの種類や設置にかかる費用について解説

自宅サウナの作り方!サウナの種類や設置にかかる費用について解説

近年では「サウナー」や「サ活」といった用語が生まれるほど、サウナ好きの方が増えています。その中には、「毎日入れるように自宅にもサウナが欲しい」という方もいるのではないでしょうか。

サウナには疲労回復・美肌・快眠効果などさまざまな効能があり、適度に入ることで体と心の健康を保つことが期待できます。そこでこの記事では、自宅に設置できるサウナの種類や費用などを含めて、自宅サウナの作り方について詳しく解説します。

自宅で理想のサウナ生活を送りたい方は、ぜひ参考にしてください。

自宅サウナとは

自宅サウナとは、マイホーム内にサウナを設置し、好きな時間に好きなスタイルで楽しむ方法です。自宅サウナの設備は、屋内に埋め込むタイプや屋外に据え置くタイプなど、さまざまな種類があります。

中には、持ち運びができるポータブルタイプもあり、自分に合ったスタイルを選べます。そのため、外出先だけでなく、自宅でも頻繁にサウナを利用したい方におすすめです。

自宅サウナに期待できる効果

自宅サウナに期待できる効果

自宅にサウナがあると、毎日のように利用できるため、健康へのさまざまな効果が期待できます。ここでは、自宅サウナがあることで、身体的・精神的にどのような影響があるかを紹介します。

血流が良くなる

自宅サウナを利用すると、血流が良くなる効果があります。

サウナに入ると体が温まり末梢血管が広がるため、体全体の細胞の代謝が高まります。また、お風呂や温泉と違って体に水圧がかからないため、血管が広がりやすくなります。そのため、体を流れる血液の量が、通常時の約2倍に増えるとされています。

また、血流が良くなることで、全身の筋肉のこわばりが解け、肩こり解消などにも効果があります。

疲労感がとれる

自宅サウナで期待できる効能として、体や心の疲労回復効果も挙げられます。スムーズに流れる血流によって全身の細胞に酸素や栄養素が運ばれたり、老廃物が外に出やすくなったりすることで、疲労回復力が高まります。

また、サウナに入ることで、体を休める際に働く「副交感神経」が優位になります。そのため、仕事やスポーツ後の肉体的な疲労だけでなく、ストレスや不安などの心の疲労にも回復効果があるでしょう。

快眠効果がある

自宅サウナを利用することで、快眠効果も得られます。

サウナに入ると運動している時と同じぐらいの汗をかくため、心地よい疲労感があります。そして体の深部の体温が上がり、その後スムーズに下がることで入眠しやすくなります。

さらにサウナと水風呂を交互に入ることで、睡眠ホルモンを作る「セロトニン」の分泌が促されるため、気持ちよく眠れるでしょう。

冷え性改善に効果がある

自宅サウナを頻繁に利用することで、冷え性改善に効果があります。冷え性になる主な原因は、運動不足による血行不良、ストレスや疲労による自律神経の乱れ、女性の場合はホルモンバランスの変動などです。

サウナに入ると、血流が良くなり自律神経が整います。また、ストレスが緩和されることでホルモンバランスも安定しやすくなります。毎日のようにサウナに入れば、自律神経の命令が正常に働くようになり、慢性的な冷え性も改善が期待できるでしょう。

肌荒れしにくくなる

自宅でサウナの利用回数を増やせば、肌荒れしにくくなります。

サウナに入ることで血流が良くなり、大量に汗をかきます。すると汗と共に、毛穴に詰まっていた老廃物や余分な皮脂が排出されやすくなります。その結果、ニキビや吹き出物ができにくくなり、肌荒れに悩まされることも少なくなるでしょう。

それに加え、肌の透明感が高まったり、血行が良くなることで血色やツヤが出たりなど、肌の健康状態が良くなり美肌効果も期待できます。

ダイエット(代謝アップ)効果がある

自宅サウナに入ることで、ダイエットにプラスの効果があります。

サウナに入るだけでは痩せられませんが、痩せやすい体質に改善できる可能性があります。痩せやすい体質とは、細胞の新陳代謝が活性化し、大量の汗と共に老廃物や乳酸を排出できる体質のことです。

自宅サウナに毎日入ることで、血流が増えて基礎代謝がアップしたり、むくみが解消したりして、痩せやすい体質が手に入るでしょう。

自宅にサウナを作るメリット

自宅にサウナを作るメリット

自宅で入るサウナと外出先で入るサウナとの間には、大きな違いがあります。ここでは、自宅にサウナを作るメリットを4つご紹介します。

いつでも好きな時間に入れる

自宅にあるサウナの最大の魅力は、24時間いつでも好きな時間に入れることです。

自宅近くにサウナ施設があっても、自分の都合に合わせて行けなかったり、外に出るのが億劫になったりすることもあるでしょう。また、近年のサウナ施設は人気があるため、多くの人で混雑することも予想されます。

その点、自宅サウナなら移動する必要もなく、一人でゆっくりと入る贅沢が味わえます。

入浴後にすぐ寝られる

自宅サウナには、入浴後にそのまま寝られるメリットもあります。

サウナに入ると、適度な疲労感やリラックス効果によって副交感神経が優位になり、眠りに入りやすい状態となります。心地よい眠気を感じた直後に入眠できれば、普段あまり眠れず悩んでいる方でも、良質な睡眠が取れるでしょう。

外でサウナに入るより節約できる

自宅にサウナを作ることで、入浴料や交通費などの出費を節約できます。

外でサウナに入る際の入浴料は、専用施設なのか温浴施設なのかなどの種類によって異なりますが、1回につき約1,500円〜4,000円が相場です。週1回通った場合で計算すると、月に約6,000〜16,000円かかります。

自宅サウナを設置すると初期費用がかかりますが、家族全員で使えるため、長い目で見ると割安になるといえるでしょう。

自分のスタイルで過ごせる

自宅サウナは、入浴方法や入浴人数などを含め、自分の好きなスタイルで過ごせる点もメリットです。

たとえば、「一人でゆっくり音楽をかけながら入りたい」「友人とおしゃべりを楽しみたいなど」、その時々の好みや気分で、好きな過ごし方を選べます。

また、自宅サウナでは、サウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させる「ロウリュ」も気軽に楽しめます。それに加え、小枝を束ねた「ヴィヒタ」で火照った体を叩くなど、フィンランド風サウナを実践してみたい方にもおすすめです。

自宅にサウナを作るデメリット

メリットの多い自宅サウナですが、デメリットも理解して検討する必要があるでしょう。ここでは自宅にサウナを作るデメリットを3点ご紹介します。

初期投資が必要

自宅サウナを設置する場合は、設置したい設備によっては、かなり高額な初期投資が必要です。

たとえば、テントサウナのようなポータブルタイプは数万円程度で購入できますが、据え置きタイプや埋め込みタイプなどは設置工事の必要があり、約40〜300万円以上かかる場合もあります。

そのため、自分の好みと予算のバランスに注意して検討しましょう。

設置するためのスペースが必要

自宅にサウナを取り入れる場合は、設置スペースが必要です。

据え置きタイプのコンパクトサイズでも、1畳程度のスペースは必要です。また、それ以外にも脱衣場所や水風呂、シャワールーム、休憩場所との距離なども検討する必要があります。

間取りや敷地の広さを考慮しながら、希望するタイプのものを導入しましょう。

定期的なメンテナンスが必要

自宅のサウナでは、使った後の掃除や定期的なメンテナンスも自分でする必要があります。

サウナは湿気があるため、カビ対策として水気を拭き取ったり、頻繁に換気したりすることが重要です。また、使用後にはストーブやストーンもしっかり点検しましょう。

自宅で実現できるサウナの種類と作り方

自宅で実現できるサウナの種類と作り方

ここでは、自宅で実現できるサウナの種類と作り方について解説していきます。自宅で作るサウナの種類は、温度の高さによって分類すると、次の3つに分けられます。

サウナの種類

特徴

温度の高さ

ドライ(乾式)

高温タイプ

80〜100℃

スチーム(湿式)

中温から高温タイプ

60〜80℃

遠赤外線

熱が逃げにくい

45〜55℃

そして、選べる設備のタイプによって分類すると、屋内・屋外合わせて5つのタイプがあります。以下で、それぞれの特徴について確認していきましょう。

屋内用埋め込みタイプ

屋内用埋め込みタイプは、自宅の間取りに合わせて造作するサウナ設備です。注文住宅やリフォームなどで、1部屋を丸ごとサウナ設備にするため、2〜4人が同時に入れるスペースでも作成可能です。

屋内用埋め込みタイプの場合、電気式ストーブや薪ストーブを使うドライサウナや、ロウリュを楽しめるフィンランド式サウナなど、比較的自由に設計できるのが魅力です。

屋内用据え置きタイプ

屋内用据え置きタイプは、自宅内にボックス型のホームサウナを置くサウナ設備です。

据え置きサウナはサイズが豊富で、1人用・2人用・4人用などがあります。また、ドライタイプや遠赤外線タイプが主流で、ロウリュができるタイプもあります。

しかし、室内に置いて設置するため、床の補強工事の必要性や、使用する空間の温度上昇などのデメリットに注意が必要です。

屋外用据え置きタイプ

自宅の庭が広い場合は、屋外用据え置きタイプのサウナも設置できます。このタイプの場合は、ボックス型ホームサウナや、樽型でおしゃれなバレルサウナ、本格的なサウナ小屋などがあります。

屋外用据え置きタイプは、比較的ゆったりしたスペースに設置できるのがメリットです。そのため、ヨガをしたり、リクライニングチェアを設置したりして、家族や友人たちとリラックスしながら楽しめるでしょう。

屋外・ベランダ用のテントタイプ

ポータブルで、自宅の庭やベランダなどのスペースに合わせて設置できる、テントタイプのサウナも人気です。テントタイプはサイズが豊富で、1〜2人で使える小型タイプから、10人以上で使う大型タイプまであります。

小型タイプならベランダにも置けるため、家の敷地が狭くても楽しめます。また、使わないときは折りたたんで収納でき、スペースを取らない点も魅力です。

お風呂用ミスト・スチームタイプ

自宅のお風呂に設置するミストやスチーム式のサウナは、ドライサウナのような息苦しさを感じないため、高温が苦手な方も気軽に利用できるのが魅力です。

また、肌や髪への保湿効果・美肌効果・デトックス効果があり、自宅でもエステやスパのような贅沢な効果を得られるでしょう。

すぐに使える簡易式サウナグッズ

より手軽に自宅サウナを楽しみたい方は、以下に挙げるような、簡易式サウナグッズを使う方法もあります。

サウナグッズ

特徴

価格

サウナ傘

お風呂の中で傘を開いて、浴槽の上にかぶせて使用します。湯船の蒸気が傘の中でたまり、サウナ気分が味わえます。

2,000円〜

寝袋タイプ

1畳程度の広さに設置できる折りたたみ式サウナです。岩盤浴のようなイメージで使用できます。

80,000円〜

家庭用サウナボックス

1分で組み立てられる1人用のポータブルスチームサウナボックスです。アプリを使ってヒーターの温度と時間を管理できます。

20,000円〜

遠赤外線ドームサウナ

背の低いドーム型の1人用テントに寝そべって使います。半身浴のような効力があり、デトックス効果が期待できます。

70,000円〜

自宅サウナでかかる費用の目安と注意点

自宅サウナでかかる費用の目安と注意点

ここでは、自宅サウナを作る際にかかる費用の目安と、設置する際の注意点を解説します。

設置価格

以下は自宅サウナを設置する際の費用の目安を一覧にしたものです。

サウナの種類

設備の種類

費用目安

屋内用埋め込みサウナ

ドライサウナ・ロウリュサウナ

300万円~

屋内用据え置きサウナ

ドライサウナ・遠赤外線サウナ

ロウリュサウナ

40万円~

100万円~

屋外用据え置きサウナ

ボックス型・バレルサウナ・サウナ小屋

100万円~

テントサウナ

小型タイプ・大型タイプ

20万円~

ミストサウナ

ユニットバス設置タイプ

簡易取付タイプ

70万円~

10万円~

スチームサウナ

スチームルームタイプ

170万円~

自宅サウナの費用は、選択するサウナの種類や設備、メーカーによって費用が大きく異なります。

さらに設備本体だけでなく、使うストーブのグレードによっても費用が変わるため、導入する際には予算に合ったものを選びましょう。

ランニングコスト

自宅サウナに使うストーブの種類は、主に電気式ストーブと薪ストーブに分けられます。それぞれのランニングコストは以下の通りです。

ストーブの種類

1時間あたりの目安

毎日1時間1ヶ月使った場合

電気式ストーブ

約120円

約3,600円

薪ストーブ

約300〜600円

約9,000〜18,000円

これに加えて、メンテナンス費用がかかります。

電気式ストーブは家電製品と同じように、10年前後が交換の目安となり、数十万円の交換費用が必要です。費用はメーカーによって異なるため、事前に確認しておきましょう。

なお、屋外用のバレルサウナやサウナ小屋は、数年ごとに劣化した屋根や壁の塗装が必要になる場合もあります。

設置する際の注意点

自宅にサウナを設置する際は、以下の点に注意が必要です。後悔しないためにも、設置する前にしっかり確認しておきましょう。

搬入経路

屋内用据え置きサウナの場合は、設備本体のサイズと搬入する廊下や窓などの大きさをチェックし、搬入に問題ないかを確認しましょう。

設置場所のサイズ

屋内用据え置きサウナの場合、メーカーによって異なりますが、壁から3〜10cm以上離す必要があるため、詳細なサイズを確認しましょう。

床の補強工事

屋内用据え置きサウナの場合、床の補強工事が必要です。

電源の確保

電気式ストーブの場合、単相200Vの電源が必要のため、設置工事が必要です。

防水メンテナンス

屋内用据え置きサウナの場合、10年に一度の防水メンテナンスが必要です。

まとめ

ここまで、自宅に設置できるサウナの種類や費用など、自宅サウナの作り方を解説してきました。

自宅サウナは、外出して入るサウナ施設とは違って、自分のスタイルで楽しめるのが最大の魅力です。毎日汗をかいてデトックスしたり、のんびりリラックスする時間を持ったりして、健康的な生活が送れる自宅サウナを検討してみてください。

千葉で自宅サウナの設置を検討されている場合は、当社「ZOUS(ゾウズ)」までお気軽にご相談ください。

ZOUSでは、お客様一人ひとりのライフスタイルや要望に合わせて庭サウナをデザイン・設計し、お客様の生活や好みを反映したリラクゼーション空間を創り出します。

サウナの大きさ、形状、素材、内装、照明など、ご要望に合わせカスタマイズすることができ、お客様だけのオリジナルサウナをご提供いたします。

自宅サウナ設置をご検討の方はこちら
お問い合わせはこちら
資料請求はこちら

CONTACT

ZOUSに関するお問い合わせはこちらから

千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのcontact 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest 千葉の外構・エクステリア工事を行うZOUSへのrequest
pageTop