リビングガーデンの魅力を探る! 住宅と外構をアップグレードする方法

ブログ

リビングガーデンの魅力を探る! 住宅と外構をアップグレードする方法

ブログ リビングガーデン

「室内と庭をつなぐ、特別な空間をつくりたい」
「風や光を感じながら穏やかな時間を過ごしたい」
「大切なお客様をもてなす素敵な場所をつくりたい」

リビングガーデンは、室内とつながりながら自然を感じることができる特別な空間です。
決まったスタイルがあるわけではなく、自由な発想でつくることができます。
ただ、自分のイメージを具体化するのは難しいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、日々の暮らしを豊かにしてくれるとともに、訪れる方にもくつろぎや笑顔をとどけられるようなリビングガーデンを提案します。
具体的な商品名も記載していますので、リビングガーデンを検討している方はぜひ参考にしてください。

リビングガーデンが織りなす住宅と外構のハーモニー

ブログ リビングガーデン

今回提案するリビングガーデンの、コンセプトとスタイルを紹介します。

リビングガーデンのコンセプト

リビングガーデンというアイディアを盛り込むことで期待できるのは、住宅と外構の相乗効果です。
住む人はリビングガーデンを通して、住宅と外構を頻繁に行き来するようになり、心地よい自然と機能性の高い室内の両方を満喫します。
住宅だけ、外構だけではできない、休息や気分転換が可能になります。
リビングガーデンが織りなすハーモニーによって、より高いレベルへ住宅と外構のアップグレードができるのです。

アップグレードのためのスタイル

以下は、今回提案するリビングガーデンのスタイルです。
室内リビングのフルオープンサッシを開くと、オールグラスポーチとホームヤードルーフをしつらえた贅沢なもう一つの部屋へと進みます。
部屋の周りには、100年もつ天然木アイアンウッドでつくるウッドデッキを設置します。
天然木の滑らかな肌触りや風合いで癒される場所です。

そこから広がるガーデンは、カラーサンドをベースに、軽やかな葉が風になびく姿が美しい樹木を中心としたデザインです。
趣味のガーデニングやBBQもできるような自由度の高いガーデンです。ペットを遊ばせることもできます。
ガーデンの一画に揃えてほしいのは、機能性とデザイン性に優れたガーデンファニチャーです。

大切なお客様をおもてなしするアウトドアリビングを実現できます。
リビングガーデン全体の周囲は、プライバシーを守りながら通気性を損なわない、こだわりのエバーアートウッドのフェンスです。
ここからは、それぞれのアイテムについて詳しく紹介します。

オールグラスポーチとホームヤードルーフとという贅沢

ブログ リビングガーデン

オールグラスポーチは、室内とつながりながらガーデンに大きく入りこんだポーチです。
前面、側面はスライド式のオールグラスで、自由に風を通すことも、閉じたまま開放的な間仕切りとすることもできます。
ホームヤードルーフは、デザイン性の高いルーフ空間を造形します。
多種多彩なデザインと素材からルーフやフレームを選ぶことができ、おしゃれなシェードを利用することもできます。

この2つを調和性のあるデザインで併せてしつらえることで、スタイリッシュで贅沢な空間が生まれます。
家族や友人たちと楽しく語り合うことも、好きなことに夢中になることも、風や光を感じながらリゾート気分で過ごすことも可能です。
圧倒的な存在感やデザイン性だけでなく、実用性があって利用価値の高い空間を創出するのが、オールグラスポーチとホームヤードルーフの組合せです。

100年もつ天然木アイアンウッドでつくるウッドデッキ

ブログ リビングガーデン

リビングガーデンとは何か、またリビングガーデンをさらにおしゃれにするガーデンインテリアのパーゴラについてご紹介しました。
アウトドアリビングで家族とお茶や食事をしたり、趣味を楽しんだりすることは、
海外では日常として取り入れられていることがよくあります。
そんな家族を繋ぐ、素敵な空間になる、リビングガーデン・アウトドアリビングを作るなら株式会社ZOUSにお気軽にお問い合わせください。

オールグラスポーチとホームヤードルーフの周りは、アイアンウッドのデッキで囲いましょう。
ガーデン全体の敷地面積とのバランスもありますが、なるべく広く、高低差はできる限り少ないほうがおすすめです。
誰でも自由に歩き回れるのがベストです。

ポーチやフェンスが人工物であるため、天然木のウッドデッキを設置することに大きな意味があります。
天然木の肌触りや木目は、年月の経過とともに独特な風合いを醸し出します。
どんなに精巧につくられた人工樹木や樹脂も、時間の経過による風合いの変化を感じることはできません。
アイアンウッド(鉄の木)は、100年腐らない木と言われ、ひねりやささくれ、割れが出づらいのが特徴となっています。

また、素材自体にポリフェノールが含まれているため、害虫を寄せつけないのもメリットです。
腐らないのに、時間の経過に思いをはせることはできるのが、アイアンウッドです。

カラーサンドと植栽で自由度の高いガーデニングをする

ブログ リビングガーデン

当社では、粒の細かい、オレンジ・黄色・白色のカラーサンドを取り扱っています。
土とは違い締まりやすく、雑草も生えにくいという特徴があります。
今回提案するのは、このカラーサンドをベースにした、余白となる部分の多いガーデンです。

樹木は、シンボルツリーと中低木数本に抑えます。黒土を客土して樹木を植えたら、表面はカラーサンドでマルチングします。
おすすめの樹木は、優しい枝ぶりで、葉が風になびくと美しいセイヨウトネリコやヒメシャラです。
ガーデンに芝生を張りたいという方は多いですが、管理が難しく、気がついたら雑草だらけというケースも多いです。
カラーサンドであれば、その心配はありません。
ガーデニングしたりペットを遊ばせたりするために、余白となるスペースは多めにとっておきましょう。

ガーデンファニチャーでアウトドアリビングを実現する

ブログ リビングガーデン

ポーチやルーフに、ガーデンの一画に、ぜひ揃えていただきたいのはガーデンファニチャーです。
ガーデンファニチャーは、雨や風などに耐久性のある家具です。
木製やアイアン製、プラスチック製などがあり、屋外用に防水・防汚加工が施されています。
チェアー、ソファ、ベッド、テーブルなど、全てのファニチャーを屋外用で揃えることができます。
せっかくのガーデンファニチャーですから、住む人の好み、ガーデンのデザインや雰囲気、使い方などとベストマッチなものを選びたいです。

当社のガーデンファニチャーは、オーダーメイドで、海外工場の職人が一つ一つ手作りします。
使いやすい、イメージにぴったりのガーデンファニチャーを手にすることが可能です。
そして、オーダー価格は0円なので、製作費用だけで最上のアウトドアリビングを実現できます。

エバーアートウッドはプライベート空間を心地よく演出

ブログ リビングガーデン

エバーアートウッドのフェンスは、天然木板塀の自然な木目を生かした目隠し用フェンスで、色味も豊富です。
今回は地上高2m以上のものを提案します。

板塀の幅に複数のパターンがミックスされているため、躍動感のあるデザインとなっています。
ですから、高さはあっても圧迫感を感じることはないはずです。目隠し率83%でありながら、採光率と通風率は17%を確保しています。

フェンスには、隣家や道路からの視線をさえぎると同時に、見たくない背景を隠すという役割もあります。
デザイン性の高いフェンスが、プライベート空間を常に心地よい背景で演出してくれます。
エバーアートウッドのフェンスは、今回提案したリビングガーデンと調和しながら、高い機能性を発揮するでしょう。

まとめ|リビングガーデンは住宅と外構の価値を向上させる 

ブログ リビングガーデン

リビングガーデンは、住む人の暮らしをより豊かにするための空間です。
「もっと家で過ごしたい」と感じるような、住宅と外構の相乗効果を上げるための橋渡し役です。
住まいのファサード(建築物正面部のデザイン)は、住宅と外観の調和で決まるとされています。
プライベートな空間であるリビングガーデンも、できる限りファサードとのつながりを感じるものであってほしいです。
そのような調和性があってこそ、リビングガーデンは、住宅と外構の価値を向上させることができます。

当社には、外構やエクステリアに特化したデザインチームがあります。
これまで当社が培ってきた技術やノウハウをバックボーンとしたプロフェッショナルのチームです。
リビングガーデンを検討されている方は、ぜひ一度、ご相談お問い合わせください。

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム
contact request
pageTop