いまさら聞けない!ベランダとバルコニーの違いとは??

ブログ

いまさら聞けない!ベランダとバルコニーの違いとは??

アウトドア、キャンプブームの影響で近年はアウトドアが流行しています。さらにコロナ禍なこともあり、お家のお庭やテラスでアウトドア感覚を楽しむ方も増加し、こちらもブームになっています。
実際に庭キャンプをやったことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。これからやってみたいという方も多いと思います。
また、キャンプブームが派生し、おしゃれなキャンプ、グランピングも流行っています。
そこで今回は、今更聞けないベランダとテラスの違い、バルコニーとルーフバルコニーとの違いなど、庭キャンプなどお家でアウトドアを楽しむなら知っておきたい用語と、グランピングのようにおうちでのアウトドアをおしゃれに楽しむ方法をご紹介します。

ベランダ

ベランダとは住宅の屋外スペースの中の1つで、その場所で上をみた時、屋根がある場合はベランダと呼ばれます。
マンションやアパートの屋外スペースがベランダに該当することが多いです。

バルコニー

バルコニーも住宅の屋外スペースの中の1つの名称で、その場所で上をみた時、屋根がない場合はバルコニーとなります。
構造上、戸建て住宅に多いです。
ベランダとの違いは、上をみたときに屋根があるかどうかで変わります。

ルーフバルコニー

ルーフバルコニーは下の階の屋根部分に作られたバルコニーのことで、屋上などに設けられ、広いことが特徴です。

テラス

テラスは1階にあり、地面より少し高い位置にある住宅の屋外スペースのことです。
ベランダやテラスのように屋根の有無で名前が変わることはありません。
1階にあるのでスペースを確保しやすいのが特徴です。

ピロティ

ピロティとは2階以上の建物を柱のみで支えている建物の1階部分です。
つまり、柱があるスペースのことを指します。
多くは駐車場や物置として使用されています。

お家でアウトドアをおしゃれに楽しみたい

主な住宅での屋外スペースについていくつかご紹介しました。
意外と知らない名前があったり、今までベランダだと思っていたけど、バルコニーだったという発見があったのではないでしょうか。
次はそれぞれの特徴に合わせて快適かつおしゃれにおうちでのアウトドアを楽しむ方法をご紹介します。

ベランダをおしゃれに楽しむ

ベランダの最大の特徴は屋根があることです。
そこで、小さなソファとテーブルセットで外の空気を感じる空間を作るのはどうでしょうか。屋根がある分多少は雨を避けることができるので、思い切って布製のソファや椅子を置くと、今っぽいおしゃれな屋外空間に仕上げることができます。
さらに植物が好きという方にはグリーンカーテンもおすすめです。屋根があるのでネットを張ることができ、そこにグリーンカーテンを作れば、緑があるおしゃれな空間になるだけでなく、夏には日陰を作ることができ、おしゃれに快適に過ごすことができます。
屋根がある分、室内のような感覚でコーディネートすることができるので、おしゃれなアウトドアをしてみたいという方はまずはベランダから工夫してみるがおすすめです。

バルコニーをおしゃれに楽しむ

バルコニーは屋根がなく、さらに2階以上であることから開放感のある空間に仕上げることができます。
おすすめは周りをフェンスで囲いプライベート空間を作り上げることです。フェンスの色や、フェンスにお花などをかけたりすると、外から見ても中にいても楽しめるおしゃれなバルコニーに仕上がります。
雨でも大丈夫なガーデンテーブルセットを置き、晴れた日は家族だけで外での食事を楽しんだり、小さなテントを設置して、庭キャンプならぬバルコニーキャンプなども楽しめます。
日差しが気になるからバルコニーを使ったことがないという方には、バルコニーシェードがおすすめです。一枚の布で作られたものが主流で、家とバルコニーの柵との間に屋根代わりに用います。
バルコニーシェードがあれば、日差しを防いでくれるので、安心してバルコニーを楽しむことができます。
もっとおしゃれに過ごしたいという方は、バルコニーを照明で彩るとおしゃれになります。バルコニーシェードと合わせればグランピング施設のようになり、さらにおしゃれな仕上がりになるのでおすすめです。

ルーフバルコニーをおしゃれに楽しむ

ルーフバルコニーは、バルコニーがもつプライベートな開放感に広さを加えたような空間で、様々な活用方法があります。
お外で食事を楽しみたいという場合は、ガーデンテーブルセットやバーベキューセット、バーベキューグリルを用意するのがおすすめです。ガーデンテーブルセットを多く用意すれば、お友達を呼んで楽しむことができます。
また、食事を楽しみたいけどゆっくりしたいという場合は、雨でも大丈夫な素材のガーデンソファを用意するのがおすすめです。
ガーデンソファは雨よけの屋根がついていたり、パラソルも用意すると雨の後のお手入れがしやすくなったり、高級感があるおしゃれなルーフバルコニーに仕上がります。
ガーデンテーブルセットやガーデンソファとパラソルを設置する際は、色を合わせるとカフェのテラス席のようにおしゃれに仕上がります。

また、広さのあるルーフバルコニーの場合は、人工芝をひき、小さなガーデンテーブルセットとパラソルを用意すれば、お子様やペットの遊び場にすることができます。

テラスをおしゃれに楽しむ

テラスとお庭がつながっている場合、お庭も一緒に仕上げると統一感のあるおしゃれなテラスになります。
そこまで難しく考えずに、お庭にあるエクステリアとテラスに置くエクステリアの色合いを合わせるだけでも統一感が出ます。

また、おしゃれなテラスで快適に過ごしたい場合は、アウトドアリビングにしてしまうのがおすすめです。
アウトドアリビングとは室内とテラス、お庭をつなげるように配置し、まるでリビングのように活用することです。
その名の通り、外にいながらリビングのようにくつろげるので、近年人気が高まっています。
フェンスなどを設けて室内さながらに楽しんだり、フェンスなどは設けず、お庭と共に楽しむなど、外構エクステリアの配置方法や工夫次第で様々な楽しみ方ができます。
グランピングが流行っている今だからこそ生まれた、アウトドアを快適かつおしゃれに楽しむ方法だと思います。
アウトドアリビングは施工が必要になることが多いので、外構のプロに依頼しましょう。
せっかくだからおしゃれに仕上げたいという方は外構デザインが得意な外構業者に依頼するのがおすすめです。

ピロティをおしゃれに楽しむ

ピロティは柱で覆われているのが特徴で、ベランダよりも日差しや雨を避けることができます。
そのため、外で食事を楽しむことができます。また、夏にはプールを楽しむことができます。
車の駐車場にしているという方は、照明をつけてみるとおしゃれに仕上がるのでおすすめです。車に光が当たるようにしてもいいですし、ピロティの柱部分に取り付けるのもおすすめです。ピロティは形が特徴的なので、照明をつけることで他にはない独特の印象を持たせたり、高さがあるので照明の光が映え、幻想的なデザインに仕上げることができるので、おしゃれに仕上げたいという方には照明がおすすめです。

まとめ

今回はアウトドア・キャンプブームの中、いまさら聞けないベランダやバルコニー、ルーフバルコニー、テラス、ピロティといったお庭とは違う屋外スペースの特徴と違いや、それぞれで快適かつおしゃれに楽しむ活用方法をいくつかご紹介しました。
お庭はおしゃれに仕上げたけどベランダはあまりいじってなかったという方もいらっしゃるかと思うので、今回ご紹介した活用例を参考に、お家でのアウトドアを楽しんでみてください。
外構のリノベーションをしてみたくなったという方はデザイン外構に強いZOUSにお任せください。まずはお問い合わせをお待ちしております。

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせフォーム
contact request
pageTop